カテゴリ:映画 展覧会 イベント( 21 )

映画 「黄金のアデーレ名画の帰還」を見る。

12月になって気忙しくなってきましたが、この時期に見たい映画が一杯です。
「007スペクター」、終わららない内に「コードネーム UNCLE」そして
「黄金のアデレーネ」などナド。

よくお邪魔するブロ友さんの映画ブログで、この映画が<今年のベストワン>・・の記事を読み、
こちら
これはすぐに見なきゃ!と、他を後回しにして黄金のアデーレへ。


a0337052_14362347.jpg
元々ヘレン・ミレンは大好きな女優さんですが、
今回も歳をとって更にカッコ良い!です♪
(BBCのTVドラマシリーズ、第一容疑者からのファンです。)

この映画は、ナチによって略奪された絵画や美術品が
元の持ち主に帰るまでの実話を映画化したものだそう。
そういえば新聞で随分前に記事を読んだ覚えがあります。

アジア人の私から見ても、色々考えさせられる映画で、
ヨーロッパの人たちには、もっと深い感慨があるのではないかと思います。

戦争時の回想シーンで、ウィーンの街にドイツ軍が入場してくるシーンがあり、
ウィーン市民は歓喜の声を持ってそれを迎えます。
花を投げ入れる人も多数、子供も敬礼して迎えます。
私はこのシーンが一番恐ろしく衝撃的でした。

主人公のマリアの戦いは、叔母のアデーレを描いた家族のものだったクリムトのこの絵を
返して欲しいという事だけでなく、
戦争によって奪われた、そして故国オーストリアから裏切られた自分の人生を
取り戻したい、という戦いだったのでしょう。
そして置き去りにせざるをえなかった両親への、償いの気持ちの表れだったのでしょうね。

しかしながら、欧米の価値観・論理感は、やはり個人の権利が確立している世界、
法律によって機能している世界だと改めて感じました。
よくぞオーストリアの宝と言われる国有だった名画を、個人に返還したものだと感心しました。

ブロ友さんの映画の紹介のお蔭で、心に残る良い映画を見ることが出来ました^^。

(米国の女性判事の役の女優さん、どこかで見たような気がしましたが、
ダウントン・アビーの伯爵夫人役の女優さんでした^^。)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
[PR]

by adamamaok | 2015-12-04 19:19 | 映画 展覧会 イベント

久しぶりに映画館へ。「キングスマン」

何か月ぶりかに映画を見に行きました。
「マイ・インターン」にしようか「キングスマン」にしようか
ちょっと迷って、結局「キングスマン」へ。


a0337052_19495993.jpg


私の予想とは違ったかなりのスラップスティック映画でした。
コリン・ファースやマイケル・ケインの、ズボンの折り目も正しい正統派英国紳士と
若い俳優タロン・エガート達が、不思議に無理なくコラボしています。
音楽もノリノリだし、スピード感あふれる展開と過激なアクションに若い人のウケも良さそう。
かなり突き抜けてる感じの楽しい映画でした。

後半のエルガーの「威風堂々」が流れるシーンが、かなりウケます^^

終わってからデパートでパンを購入。
グルマン・ヴィタルという岐阜県のパン屋さんが出張販売してました。
かなり美味しかったです。
月々2350円でパンの詰め合わせを送ってくれるらしく、心惹かれましたが
やっぱり一人だと、ちょっと持て余すかと断念。
(冷凍庫も一杯になりそうだし。)

a0337052_19524768.jpg
その他に話題のチアシードを購入。
この前チアシード入りのドリンクを飲んだら美味しかったし、健康にも良いみたい。
これでダイエットにも効果があると良いのですが^^;


a0337052_19524467.jpg




[PR]

by adamamaok | 2015-11-09 20:07 | 映画 展覧会 イベント

ゴスペルコンサート。連日の疲れが出る。

 先週のバレエの翌日、ゴスペルのコンサートがありました。
 久しぶりのコンサート出演。
 やっぱり楽しい!特に最後の全員合唱はものすごい迫力です。

会場だった日比谷公会堂は、もう本当にお疲れさま・・と言う感じでした。
昭和4年築だそうです。もう建て替えが決まってるそうですね。


a0337052_11204849.jpg

打ち上げにも参加して、いつものように楽しかったのですが、
とにかくバレエに続いてコンサート出演となったので、
翌日はもうフラフラです。

連チャンはもう無理ですねえ。。
元々体力に自信のある方ではなくて、疲れやすい性質ですが
今回はシミジミ歳を感じました。
日曜月曜と休みが続いてくれて良かったです。


a0337052_11222674.jpg
庭のホトトギス、葉っぱはかなり虫に食われてます^^;






にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
[PR]

by adamamaok | 2015-10-13 11:26 | 映画 展覧会 イベント

バレエ「カルメン」を見にオーチャードホールへ。

金曜日、バレエ好きの近所の友人に誘われて
渋谷のオーチャードホールへバレエを見に行きました。
出し物は,熊川哲也プロデュースの「カルメン」です。

数日前の新聞の夕刊にこのカルメンの記事がありました。
海外で活躍している中村祥子さんも 日によっては出演されるとか。
(今回、私が行った日は中村さんではなく白石あゆ美さん。)

そしてホセは初めて見た<生の熊川哲也さん>でした。


a0337052_10030798.jpg

終了後カーテンコールも何度もあり、
観客の皆さんはスタンディングオベーションの大興奮でした。

お蔭さまでバレエに疎い私も、ドラマチックで華麗な世界を味わいましたが、
私はどちらかというとやはり踊りという身体表現よりも
歌うという表現の方惹きつけられるようだ・・と改めて感じました。

(見ながら、そこの場面で踊るよりやっぱり歌って欲しい・・というトンチンカンな心の声が^^;)
スンマセン^^;

観客の中は、バレエ関係の方も多かったと思いますが、
ホールでの歩く姿など、やはりしなやかで美しい姿勢・動きの方が目につきました。
素敵ですね~~♪


a0337052_10042407.jpg


公演前に、東急デパートのティールームで
今年の秋お初のモンブランをいただきました。
ちょっとクリームが硬いというか、
乾き気味だったのが残念でした^^;





[PR]

by adamamaok | 2015-10-11 10:23 | 映画 展覧会 イベント

初めてのディナーショーへ♪

 日曜日、生まれて初めてディナーショーなるものへ行ってきました。
 それは杏里のショーでした。
 
 妹が息子から(出産時にお世話になったと)
 お礼にディナーショーのチケットを二枚もらったそうで、
 私を誘ってくれたので、ありがたく行ってきました。

 お料理はホントに久しぶりのフルコース♪
 かかっているデミソースとか美味しかったです^^


a0337052_21125006.jpg
a0337052_21130404.jpg
 そして食事の後にいよいよショーが始まりました。

 杏里は相変わらずのスタイルの良さです。(ウラヤマ~)
 声ものびのびと良く出ていて、アップテンポの曲が多く楽しいステージが
 続きました。

 途中で杏里がステージから降りて来て 皆のテーブルの周りを回る場面があったのですが、
 思いがけずも私、ハイタッチ経験してしまいました!
( なんか興奮してしまいますね^^;)

 そしてアンコールの最後の曲は、やはり「オリビアを聞きながら」。
 ていねいに心を込めて歌ってくれました。

 お蔭さまで、華やかな非日常の世界を楽しむ事ができました^^。
      アリガトー~~♪




[PR]

by adamamaok | 2015-09-28 21:31 | 映画 展覧会 イベント

ブンカムラへ「風景画の誕生展」を見に。

もう数日前になってしまいましたが、月曜日に友人に誘われて、渋谷のブンカムラ ザミュージアムに「風景画の誕生展」を見に行きました。
ウィーンの美術史美術館からの出品だそうです。

a0337052_14585668.jpg


(↓これはかなりシュールです^^:)
a0337052_14431514.jpg

展示品で面白かったのは
カレンダーのように 毎月の絵があるものでした。
ブリューゲルの絵に、子供の遊びを沢山描いたものがありますが、
あれと似た感じで何やらカタログ風。

行事とか農作業の様子、家の中の様子が月ごとに描かれています。
いわゆるアートを見るというよりも当時の生活の様子や風俗が分かる感じで
かなり興味深かったです。
冬にはスケートやったり結構楽しそう。

教会でのステンドグラスが聖書の内容を教えてる・・のと同じように
(日本の暦にもありますが)農作業の時期を教えたりしていたのかも。

今回の展示のサブタイトルが「めぐる季節の物語」となっていますが
ピッタリですね。

その他にも、ギリシャ神話の登場人物や、キリスト教の聖人などを描くのに、
アトリビュートという手法があるのを、初めて知りました。

例えば、マグダラのマリアを描く時は、お約束で必ず香油壺としゃれこうべも近くに描く。
その持ち物で、その描かれている人物を特定しているそうです。
なるほど~~!

友人は専攻が美術系だったので知識も豊富で、一緒に美術館に行くと、
色々教えてもらえて、帰りはちょっと物知りになったような気分になれます^^;

せっかく渋谷まで行くので、もし余裕があれば、その後恵比寿へ行って
「dear ダニー きみへの歌  」も見て来ようかと思っていましたが、
例によってオシャベリに花が咲いて時間も過ぎ、寄らずに帰宅することになりました。

やっている間に見に行きたいけど、結構最近は人気がないとあっという間に
上映終了してしまいますね。

お天気も爽やかで、ちょっと良い初秋の日でした^^.。







[PR]

by adamamaok | 2015-09-17 08:33 | 映画 展覧会 イベント

「チョコレートドーナッツ」に思わず涙。女子55歳は男子??歳と同じか。

WOWOWで「チョコレート・ドーナッツ」を見ました。
最初と、少し席を外した時に見逃したシーンはあったのですが、
こういう映画に弱い私は 何度も涙。涙。でした。

話は 1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった話の映画化だそうで、
障がいを持ち、母親に育児放棄された子どもと、家族のように過ごすゲイのストーリー。
その後養育権を奪われ裁判で戦っていく話でした。

ルディがマルコに、寝る前のお話をしてあげるシーンが印象的。
温かな気持ちが伝わってきます。

a0337052_09104528.jpg

 
この差別に満ちた話が大昔の話ではなくて、
私がもう大人になっていた70年代の時の話なんですね。とちょっと驚きました。
しかも当時何となく日本より個人の権利が強いと思われるような米国で。

そんな事を思いながら新聞の土曜版を見てたら、
いつもの「サザエさんをさがして」の記事でも、似たような話がありました。

1970年代の日本では、定年の年齢に男女差があったそうなんです。
男性は55歳、女性は50歳が定年で5歳の差が!!

しかも73年の判決では
「女子の55歳の生理的能力は、男子の70歳に匹敵する」・・・という判断があったそう!?
はあ~~?
当時の偉い裁判官たちが本気でそう思っていたことに驚きます。
そういう社会通念が一般的だったんでしょうね。

「チョコレートドーナッツ」では、障がいを持つ者への差別・ゲイへの差別が描かれていますが
今こういう映画が作られて上映され、注目されていくことで
男女差別や人種差別、マイノリティイへの差別偏見が無くなっていってくれたらなと
思います。

それにしても女子55歳≒男子70歳??!!ってアリですかぁ?

あと、この映画のアラン・カミングって役者さん、
誰かに似てると思ったら、市村正親さんに似てた・・ デス^^;



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
[PR]

by adamamaok | 2015-08-22 09:39 | 映画 展覧会 イベント

友人と電車旅・大回り乗車を経験♪

暑い日が続きますねーー!
アップが遅れた先週の記事です。

先週の金曜日、久々の晴れ間の日、友人たちと4人で
以前から計画していた大回り乗車の旅をしてきました。
その内の二人は3年ぶりの再会。

コースは各自最寄駅→立川→拝島→高麗川→高崎の一つ手目の倉賀野→上野→各自最寄駅の一つ手前の駅です。

一番の見どころは高麗川から高崎までの八高線の鄙びた車窓からの眺め。
この電車では四人掛けの席もあります。

昼食は拝島のエキナカのお蕎麦やさんで済ませて、いざ八高線へ。

遠足気分で、初めて乗る電車に皆大喜び。
最初は4人掛けが空いていなかったけど、途中から4人で座れて満足^^.
久々の晴れ間の緑の中を、電車がコトコト走ります。

単線で無人駅もあり、ワンマン運転の電車で前に運賃の掲示がされていて
駅によっては一番前からしか降車できず、まるでワンマンバスのようです。

シートも片側4人席で、反対側は二人の向かい合わせシートになっています。
電車の幅が狭いのか?
そしてシートのクッションも柔らかです。

そして倉賀野で降車。そこから4,5分の待ち合わせで高崎線の熱海行が来ました。

この電車でも長い車両の前後に4人掛けシートがあり、
ガラガラだったこともあり又4人掛けシートに座れました^^
この電車はもう普通の通勤電車ですね。
そして上野駅まで。その後五月雨式に解散となりました。

隣駅までの電車賃で一日楽しく遊べました^^。

ただ当然の事ながらおしゃべりに花が咲いて、
(なるべくうるさくしないようには、気を付けていたつもりですが。)
期待してた車窓からの眺めを楽しむ感じではなかったデスネ^^;

車窓からの眺めは、ひとり旅ならちゃんと味わえるような事でしょう。

今度は秋に渡良瀬渓谷鉄道の旅に出かけよう・・と言う話になりました。
楽しみで~す♪ だんだん鉄子?いや鉄婆?になってきている私かも。

計5時間くらいの電車乗継旅でした。

シャーデーのby your side♪





[PR]

by adamamaok | 2015-07-14 19:20 | 映画 展覧会 イベント

ピッチ・パーフェクトを見に新宿へ。

以前に映画評を目にした「ピッチ・パーフェクト」を
新宿のシネマカリテで見てきました。

a0337052_21002492.png

この映画は海外で大ヒットした映画だそうで、
大学のアカペラサークルの話です。

ヒロインのアナ・ケンドリックが プラスチックのコップを使って
リズムを打って音を出しながら歌うシーンが、大変な評判だそうで、
ユーチューブでの再生回数もエライ事になってるそうです。

私は80年~90年代といえば、子育て中で
アニメソングしか聞けない・・というような音楽不毛期だったので
知らない曲も多かったけど、それでもやっぱりワクワクしたので、
当時の音楽を知ってる人は、さらに楽しめるだろうと思いました。

ラストのステージは特にカッコ良かったです♪
(やっぱりこれでなきゃね・・という感じ。)

前半はちょっと飽きるかな。
脇役の人たちも、コミカルな芸達者揃いでした。

アナ・ケンドリックはジョージクルーニーの
「マイレージ・マイライフ」の部下の役の女優さん。
ちゃんと歌も上手くてビックリ!

終わった後、若い女の子たちが絶賛してる会話が聞こえてきました。
私はそこまでは、乗れない感じ。

やっぱり世代の差・感性の差でしょうかね^^;




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

[PR]

by adamamaok | 2015-07-09 21:16 | 映画 展覧会 イベント

「靴職人と魔法のミシン」を見る。鹿児島お茶イベントでお茶をいただく。

映画「靴職人と魔法のミシン」が気になってましたが、
金曜日の夕刊の映画評を見て、やっぱり見ようと行ってきました。
場所は有楽町のTOHOシネシャンテ。

a0337052_20464141.jpg


キャストはアダム・サンドラー ダスティン・ホフマン 
エレン・バーキン。
笑える場面も多く、米国人の善良さにほっとする所もありで、
なかなか良い映画でした。

エレン・バーキンはいつ登場するかと思ってみていましたが、
後半にしっかり出てきましたね。

そして正にぴったりの悪女役。
しかし、この方も年齢を超えてる独特のキャラクターですね。
ボディラインも素晴らしい!

エレン・バーキンといえば、随分昔の映画でアル・パッチーノと共演した
「シーオブラブ」で妖艶な女性を演じてました。
その時、同姓ながらちょっとクラクラしてしまうような色気のある女優さんだと
思ったけど、アラ還らしい今も健在でした。
ご立派な事です。

エレン・バーキンに感心しながら、
外に出てみると、鹿児島茶のイベントが開催されてました。

お茶と鹿児島のお菓子のセットが何と100円でした^^。
冷茶と暖かいお茶と選べましたが、暖かいお茶をチョイス。
お菓子は「春駒」というういろうの様なお菓子。

お急須とポットとお菓子をお茶ソムリエの方が、ベンチまで
運んでくれて、丁寧にお茶を入れてくれました。
このお茶はやぶきた茶で100グラム1500円のものだそう!
心していただきましたが、さすがに美味しかったです。


a0337052_20440402.jpg
お天気は梅雨らしくムシムシしてましたが、
良いお茶の時間となりました^^


a0337052_09175998.jpg
          昨日の羽織りもの。5年位前に買ってあまり着てなかったけど、
          久々に着たら便利に使える感じで、得した気持ちになりました♪ 
          




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ


にほんブログ村
[PR]

by adamamaok | 2015-06-14 09:27 | 映画 展覧会 イベント