実家へ。施設にいる母に面会。立ち寄り湯へも。

月初め実家へ行きました。

以前は2泊3日で月2回という感じで通っていましたが、
今は大体1泊2日、月1回で通っています。

まず施設に入居している母のところに面会へ。
母はお蔭さまで機嫌よく暮らせているのですが、食事がもうペースト食になっていて、
だんだん食も細ってきているのと、二の腕が固まって来てしまったのが、
気になるところです。

もう自分では食事できないし、手や腕を使う機会も減ってきて
腕を持ち上げたり離したりするのがスムースに出来ません。

だんだん生命力が弱ってきているのを、感ぜずにはいられません。
でも穏やかに過ごせて、何となく家族の顔も分かるようなのが救いです。



a0337052_17050935.jpg

翌日寒い寒いという父と、市内の立ち寄り温泉というかスーパー銭湯へ。
朝の10時から!です。
寒がりの父も長湯をして、すっかり温まったそう。
(寒がりのへんくつ爺さんです。)

去年実家の会社を解散するまでは、私も仕事を手伝っていたので、
約10年近くの間、実家に行った時は朝から晩まで仕事と母の介護に追いまくられていました。

今回のようにゆっくりしたのは初めてでした。
当時は、こんな日が来るとは思いもよらなかった。

これから又色々と大変になるかもしれないけど、
取りあえず今は、ほっとできる時なのかもしれない。

ひと息つけてありがたいです♪

今日の読書

 記憶の家で眠る少女 ニッキ・フレンチ  THE SAFE HOUSE
 (原題と随分違いますねえ。)


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
[PR]

by adamamaok | 2015-02-03 17:27 | 実家へ